カテゴリー
Uncategorized

え?ルメールは東京よりも中山が得意なの?

ルメール攻略

現在の競馬界はルメールが中心になっている。

なのでルメールの予想をするのが一番的中への道。

みなさんはこの真実を知っていますか?

関東>関西

過去3年間のルメールの数字がこれだ!!

ルメール過去2017以降の成績(芝)

着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
369- 248- 164- 538/131928.0%46.8%59.2%8486

これがルメール騎手の基本的な標準になるので覚えましょう。

年別成績

年・年月着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
2019年105- 75- 45-162/38727.1%46.5%58.1%7782
2018年137- 85- 61-180/46329.6%47.9%61.1%8685
2017年127- 88- 58-196/46927.1%45.8%58.2%8789

だいたいどの年度も同じぐらいの成績なので基準にしやすいですね。

では場所別にみてみると

東京

年・年月着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
2019年36- 20- 14- 52/12229.5%45.9%57.4%8380
2018年42- 14- 19- 42/11735.9%47.9%64.1%10293
2017年39- 27- 16- 50/13229.5%50.0%62.1%10097

中山

年・年月着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
2019年20- 6- 4-25/5536.4%47.3%54.5%10473
2018年27-10-12-20/6939.1%53.6%71.0%10196
2017年9- 6- 4-16/3525.7%42.9%54.3%8093

京都

年・年月着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
2019年4- 7- 4-27/429.5%26.2%35.7%4754
2018年16-17- 3-37/7321.9%45.2%49.3%7972
2017年21-15- 9-42/8724.1%41.4%51.7%7877

阪神

年・年月着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
2019年16- 11- 2- 24/ 5330.2%50.9%54.7%9997
2018年15- 17- 11- 33/ 7619.7%42.1%56.6%6879
2017年28- 20- 14- 45/10726.2%44.9%57.9%7285

 京都は3年とも

低調な数字で今年4勝しかしていないのは意外ではないでしょうか?

京都は基本的には東京とセットになることが多く東京中心に競馬が動いているので東京の母数が多くなるのはわかるんですけどあまりに低調である。

17年

東京 132

中山  35

京都  87

阪神 107

18年

東京 117

中山  69

京都  73

阪神  76

19年 

東京 122

中山  55

京都  42

阪神  53

東京はあいかわらずの母数を誇っているが関西圏は激減している。

19年に至っては50鞍前後しかない。

17年は100近くあったのだから関東の騎手になったとした認識でいいだろう。

東京での成績は平均値よりの高く毎年コンスタントに成績を残している。

ただ東京=ルメールが認識されすぎたため回収率が下がってしまったのだろう。

ただ盲点になってりるのが中山ですね。

17年こそ低迷しているが慣れてきたのか東京よりもすごい成績をたたき出している。

このことはみんな気づいてないのでしょうか?

勝率は18.19年と連続で35%を超えるぐらいの成績です。

これはかなり分析のし甲斐のあるデータになりそうですね。

ルメールの中山徹底分析!!

18.19年でしようと思います。

でも残念ながら金杯の週はバカンスのためにいないので帰ってきた週に更新します。

20年のスタートの京都、中山は分析しますので今後期待してください。